ドックスベストセメント

ドックスベストセメント

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントとは

虫歯部分を完全に取り除かない治療方法、麻酔もしない神経もとらない虫歯治療です。
虫歯部分をドックスベストセメントの力で除菌し、固まらせて治療するのです。
従来行っていた「虫歯部分を除去する」という治療だけでなく、内科的な「薬剤を使った治療」を行い殺菌を行います。
ドックスベストセメントの特徴

・虫歯をすべては削らない
従来であれば、感染した部分を完全に除去し、もし歯髄(神経)まで達していれば神経を取るという方法を取っていました。
しかし、この方法で神経を取ると歯が急にもろくなり、歯をなくす可能性が大きくなります。
深部虫歯を削らず患部を洗浄し無菌化した状態でドックスベストセメントを重点することで保存治療を行います。菌を無菌化して神経を残すことができます。神経さえ残れば、歯の寿命は長くなります。

・痛くない
削るなどの痛みを伴う工程が少なく、極力痛くない治療ができます。

・短期間治療
1回の治療で、洗浄から充填まで行いますので、他の深い虫歯の治療に比べて、短期間で治療できます。

・再発しにくい
ドックスベストセメントの治療によって菌を無菌化しますので、治療した部分の進行や再発がありません。
ドックスベストセメントのデメリット

上記のように、ドックスベストセメントのメリットは多く、是非お勧めしたい治療方法ではありますが、下記のような点もあるので、治療をお考えの方は参考にしてください。

・すでにひどい痛みがあり、虫歯菌が歯髄(神経)まで達している場合は適応できない。
・ごく小さい虫歯に、この治療法は必要ない。
・保険適応外(自由診療)
・ドックスベストを行った歯に詰める詰め物も保険適応外となる。(医療制度上の問題です)

適応例
・大きなムシ歯はあるが症状なし・・・ 問題なし
・普段は症状ないが触れると軽く痛い・・・ 殆ど問題なし
・大きなムシ歯があり冷たいもので痛い・・・ 殆ど問題なし
・冷水痛のみならず温かいものも痛い・・・ 成功率は低下する
・温熱痛のみ残る・・・ 成功率低い
・自発痛(何もしなくても痛い)・・・ 成功率かなり低い