予防歯科

予防歯科

予防歯科

虫歯や歯周病などの予防だけではなく、病気の進行に応じた処置も含めて、口腔内全体の健康度を増進するということが目的とされています。
歯医者といえば、「歯が痛くなってから行くところ」と認識されてきました。しかし、歯の治療は「悪くなった部分を削る」ことですので、歯を少しずつ失ってしまうことにかわりはないのです。
世界でもっとも予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上です。また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率を保っています。
これに対し、日本の受診率はなんと10%未満!!
これでは、虫歯や歯周病が悪化してしまうのも仕方ありません。

削る治療によって歯を失わないように、まずは「予防」を徹底してください。