ドックスベストセメントのデメリット

ドックスベストセメントのデメリット

ドックスベストセメントのメリットは多く、是非お勧めしたい治療方法ではありますが、下記のような点もあるので、治療をお考えの方は参考にしてください。

・すでにひどい痛みがあり、虫歯菌が歯髄(神経)まで達している場合は適応できない。
・ごく小さい虫歯に、この治療法は必要ない。
・保険適応外(自由診療)
・ドックスベストを行った歯に詰める詰め物も保険適応外となる。(医療制度上の問題です)

適応例
・大きなムシ歯はあるが症状なし・・・ 問題なし
・普段は症状ないが触れると軽く痛い・・・ 殆ど問題なし
・大きなムシ歯があり冷たいもので痛い・・・ 殆ど問題なし
・冷水痛のみならず温かいものも痛い・・・ 成功率は低下する
・温熱痛のみ残る・・・ 成功率低い
・自発痛(何もしなくても痛い)・・・ 成功率かなり低い

ドックスベストセメントのデメリット